【恋愛】好みの色で性格診断

今好きな人がいる方はそのお相手の性格をもっと知りたいと思いますよね。

今回はお相手の好みの色から性格を判断する方法についてご紹介します。

こういった心理学の話は老若男女問わず盛り上がる話題でもありますのでデート中やLINEなどで話してみてもいいかもしれませんね。

最近だとマッチングアプリで知り合う方も増えてきていると思うので、

「マッチしたはいいけど何を話したら良いんだろう?」

と悩んでいる方も使える話題です。

 

好きな色が分かれば相手の性格もわかりコミュニケーションが格段にうまくいくのでぜひ参考にしてみてください!

が好きな人

最も好まれやすい色の一つがです。

赤を好む人は衝動的な性格の人が多くいろんなことに興味関心があり挑戦意欲にあふれています。

また心身ともに健康である人が赤を好む傾向があるので赤が好きな人とデートに行くときはテーマパークはいい選択肢となります。

外交的な性格なのでこちらも明るくハキハキと話すと波長が合って関係がよくなります

人は自分と似ている人を好きになりやすいと言われているので赤が好きな人に対して内向的に接しているとうまくいかないかもしれません。

もし相手は赤が好きだけど自分は内向的という自覚がある方は赤を積極的に身につけるといいですよ。

色の好みは精神状態・性格を現しますが、特定の色を身につけることで自分の性格がその色に合ったものになるという研究データもあるので「自分は内向的だから...」と諦める必要は一切ありません。

が好きな人

赤と同じくらい多くの人に好まれるのがです。

イメージ通りかもしれませんが青を好む人は基本的に赤を好む人の反対の性格の場合が多いです。

赤を好む人は外交的ですが、青を好む人は内向的です。

保守的で物事をじっくり考えるタイプの人が多いと言われています。

そのためあなたが衝動的に行動したりすると高感度が下がってしまうかもしれません。

デートのお店選びは昔から評判の高い安定したお店を選ぶといいですよ。

青を好む人は自分の考えが正しいと思い込んでしまう傾向にあるのでもし相手と意見が食い違った場合は譲歩したほうがよさそうです。

結論を出すような話題でもない限りは相手を立てる気持ちが大事です。

自分が正しいと思っていながらも意見を交流するのは好きな人が多いので自分の意見もしっかり相手に伝えつつ、相手を肯定してあげるそんなコミュニケーションを心がけましょう。

ちょっと面倒かもしれませんね(笑)

が好きな人

上品で精神的に成熟している人が好みやすい色です。

素直な人が多く、道徳的なので軽はずみな発言はイメージダウンにつながってしまうので気をつけましょう。

緑は鎮静作用があるため落ち着いた性格の人が多いです。

落ち着いていて優しい人を望んでいるなら緑が好きな人はぴったりですね。

社交的な性格で色んな人とコミュニケーションを取ることは得意ですが本当は好きではないことが多いです。

デートの際はテーマパークではなく水族館植物園などがいいかもしれませんね。

食事に行くならガヤガヤした大衆向けのお店よりは落ち着いてゆっくり会話を楽しめるようなお店がいいですよ!

黄色が好きな人

黄色が好きな人はいわゆる「パリピ」が多いです。

精神的に不安定な場合に黄色を生活に取り入れると改善されるというデータもあるので黄色が好きな人は精神的にとても健康であると言えます。

とにかく明るく活力にあふれているひとが好みやすいのが黄色です。

古代エジプトでは生命力を表す太陽の色として崇拝していた色です。

そんな黄色を好む人は目新しいものや流行にとても敏感なので今話題のテーマについて話してみると盛り上がります。

お店選びの際はインスタなどで話題のお店に行くことはもちろん効果的ですが、冒険的な性格も持っているのでゲテモノ料理屋に行ってみるのもいいかもしれません(笑)

ゲテモノ料理屋で話題に尽きることはないのであなたが絶対に避けたいのでなければ行ってみてはいかがでしょうか?

ピンクが好きな人

ピンクは女性に好まれやすい色ですよね。

ピンクは母性を表す色でもあるのでピンクを好む女性が多いのも納得です。

他人に対してよく気配りをし、世話焼きである一方で自分も目一杯愛されたいという気持ちが強いです。

相手の方がピンクが好きなら自分の感情はストレートに、少しオーバー気味に伝えると効果的です。

愛されているという実感をとても求めているのでちゃんと言葉で伝えるといいですね。

またピンクが好きな人は本心では赤が好きであることが多いです。

しかし慎重な一面を持っており赤を選ぶ勇気がありません。

少し自信がないタイプの人が多いので相手の身につけているものを褒めてあげるといいですよ。

ここで大事なのは生まれ持った外見を褒めるのではなく髪型や持ち物を褒めることで相手のセンスを評価してあげるとすごく喜びます!

オレンジが好きな人

オレンジが好きな人は社会性の高い性格の持ち主です。

人をお金や外見、生まれといったステータスで判断せず平等に接することが特徴です。

社交的で一人ぼっちになることを恐れている人が多いため頻繁に連絡をとったりデートに誘ったりするといいですよ。

他人からの注目を浴びることが好きなのでオレンジが好きな人に対してはその人についての質問をたくさん投げかけると会話もはずみ相手も楽しんでもらえるでしょう。

相手が望む反応が得られないと不機嫌になってしまうことがあるのでそこは上手く相手の気持ちを汲み取ることが大事です。

これが一番むずかしいんだけどね...
すこしオーバーに反応すると効果的です!

黒が好きな人

が好きな人は明るさに欠け、自分の世界に閉じこもりがちです。

自分の社会的役割を果たそうとする気持ちがとても強いと言われています。

例えば男性優位の宗教国家では多くの女性が黒い衣服を身にまとい、

・妻であること

・母であること

を忠実に果たそうとします。

女性の場合は男性に守ってもらいたいという気持ちから黒を好む事が多いです。

一方男性が黒を好む場合は自分の殻に閉じこもりたいという気持ちの表れです。

恋人を望んでいない可能性も高いので焦らず慎重にアプローチをすることが大事です。

が好きな人

が好きな人は完璧主義の人が多いです。

潔白、純白という言葉もあるように混じり気のない完璧を目指します。

そのため理想が高くパートナーにするにはなかなかむずかしいです。

また白を好む人は一人になりたいという願望が強い傾向にあると言われています。

とは言っても白が好きな人のことを気になってしまったり、好きになってしまったりするのは仕方がないことです。

その場合は相手の理想の家庭や将来、やりたい仕事などの話題をして相手に同調するといいですよ。

完璧主義の人は他人のやり方が気に入らなかったり他人の意見を受け入れなかったりすることが多いですが、

自分に共感してくれたり応援してくれる人のことを味方だと思ってくれます。

決して相手を否定せず相手の意見に合わせてアプローチして「この人となら自分の理想を実現できそう!」と感じさせることが成功のコツです!

グレーが好きな人

グレーが好きな人は精神的に弱い傾向にあります。

受け身な人が多く、積極的に自分でお店を選んだりすることは苦手なのでもし相手の好きな色がグレーだったらお店選びはあなたがしたほうがいいです。

感情の浮き沈みが少ないためそっけない返事のことが多いかもしれませんが脈なしと決めつけてしまわず相手のペースに合わせて会話をするように心がけましょう。

グレーは慎重さと妥協を表す色なので恋愛においては理想は高くないものの慎重派なので焦らずアプローチするといいですよ!

まとめ

いかがでしたか?

今回は色彩心理学に基づいた性格判断についてお話しました。

相手のことをこれから知っていくという段階では好きな色の情報がとても大事ということがお分かりいただけたかと思います。

色の好みは一定ではなく変わっていくものであり、その時の感情やその時の状況によって変化すると言われています。

心理学の話は好きな方が多いので会話のネタにもなるので相手の好きな色を聞いてみて損はないですよ!

お店選びや会話の参考にしていただければ幸いです!

おすすめの記事